戒名・香典・葬式の気になるお値段は? 知っておきたい葬儀価格表

香典とは?

香典とは、「香をを供える」「香の代金を供える」という意味であり、故人へのお供え物です。

昔は食糧などを香典としていたようですが、戦後辺りからお金に完全にシフトしたそうです。

また、戦前には香典のない時代もあり、葬式の時に弔問者へおもてなしをする事が経済的に辛いという事で、弔問者達が食糧をもちより故人の家族を村人達で助けるという意味もあったようです。

香典の相場は?

香典の金額は決められていないとはいえ、少なすぎても失礼ですし、多すぎても気を使わせてしまいます。
香典は故人とのお付き合いの度合いや年齢などにより金額が異なります。

以下を参考にして下さい。

上司や同僚 ¥3000~¥5000
親族 ¥10,000~¥50,000
身内 ¥50,000~¥100,000

香典の注意点

香結婚式などと同じように香典にも避けた方がよい金額があります。

「4」「9」のつく金額 新札
「死」「苦」など縁起の悪い事を連想させるため。 あらかじめ用意していたとされるため

偶数もよくないとされていますが、それは偶数が割り切れるために「別れる,縁を切る」などの意味を持つからであり、結婚式などの祝い事の時だけです。 香典に奇数偶数の縛りはありません。

香典袋の書き方

香典を包む袋は最近ではコンビニに売っていたりしてすぐ手に入りますが、包み方がわからないという方はよくいらっしゃるようです。 正しい香典袋の書き方をお教えします。

表面の書き方
表面には右の図のように表書きと自分の名前を毛筆で書きます。
表書きは「御霊前」「御仏前」「御香典」など種類がありますが、 仏教では四十九日までは故人を「霊」
四十九日後には成仏して「仏」
となると言われている事から、四十九日以内であれば「御霊前」 四十九日後であれば「御仏前」というように使い分けています。

※浄土真宗では四十九日以内でも「御仏前」

「御香典」は故人に供えるお供物全般ですので、四十九日以内でも以降でも大丈夫です。
最近では表書きはすでに書かれている袋が一般的ですね。
香典袋の書き方01
裏面の書き方
中包みがない場合には裏面に自分の住所と金額を香典袋左下に記入します。 中包みがある場合には裏面は白紙で大丈夫です。
注意すべきは金額の書き方です。 こちらは漢数字が一般的になっています。

普段書きなれている数字を入れてしまわないよう注意しましょう。
香典袋の書き方02
中包みの書き方
中包みは表には漢数字で金額を、裏には中包み左下に住所・氏名を書きます。

紙幣は封筒を裏から見た状態で紙幣が表を向くようにいれます。 中包みはお札を取り出す部分が逆さになるように包みます。
香典袋の書き方03
PR
お問い合わせはこちら