戒名・香典・葬式の気になるお値段は? 知っておきたい葬儀価格表

知っておきたい葬儀価格表 トップ> 葬儀に関するみんなのFAQ

葬儀に関するみんなのFAQ

当サイトへ頂いている葬儀に関する疑問についてお答え致します。 まだまだご質問受付中!

お葬式を友引の日にやるのは縁起が悪いのですか?

回答

先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順にやってくるのが陰陽道の孔明六曜星で、たいていカレンダーにも明記されています。

これは昔の中国の吉凶占いから派生しているものですが、仏教とは基本的に関係ありませんし、現在の七曜とは全く違うものです。

友引はずっと昔は「共引」と記されていました。先勝・先負の間に入る勝負なしの日、つまり引き分けを表すもので、悪い意味ではありませんでした。日本には葬儀の凶日に「友曳方」があってそれと混同されて「友引」と記されるようになり、その意味が定着したというのが定説のようです。友引に葬儀を行なうと「友を引き寄せて冥土に連れて行く」と言われ、友引にお葬式をおこなわないのが今日のマナーになっています。

友引を避け、その翌日に葬儀をおこないます。しかしこれは全くの迷信から起こった風習です。お通夜は友引に関係なくおこなわれるのが普通です。

全国の火葬場も多くは友引の日がお休みになっており、また葬儀社も友引にお休みしているところが少なくありません。

その結果、友引明けの日の火葬場は普段よりもとても混みあいます。
もし必要に迫られて、どうしても友引にお通夜や葬儀をおこないたい場合には、葬儀社が用意した「友引人形」をお棺の中に入れて儀式する地域があります。なお仏滅とは「仏が滅した日」のことですが、面白いことにこの日に関してはお通夜も告別式も普段通りにおこなわれています。

ちなみに友引の場合、結婚式などの慶事には大安に次ぐ吉日です。しかし、友引は、朝晩は吉だが正午は凶とされています。

葬儀に関するみんなのFAQ 一覧へ戻る
PR
お問い合わせはこちら